工事工程、施工の流れ

施工の流れ
施工前
施工の流れ
①近隣挨拶
施工様宅の工事決定後、近隣の方々へまず足場かけ・高圧洗浄・機械による騒音、また車の出入りなど大変ご迷惑をおかけすると思いますので、しおけんリフォームでは事前に挨拶とご説明をさせていただいています。
施工の流れ
②道具・材料の積込み・準備
塗装工事に入る前の下準備として塗料や道具類の搬入をします。優良塗料でこだわりの職人仕事をするための下準備です。
施工の流れ
③倉庫
一軒一軒塗料の種類・色が違います。倉庫でしっかり管理をして、いつでも対応できるようにしています。また、倉庫だけでなくデータ管理もしていますので、ご安心ください。
施工の流れ
④車
足場をかける前に、近隣の車の状況を確認します。近隣に駐車場がある場合は事前にご説明させていただき、施工時にカーシートをかけさせていただく挨拶を致します。
施工の流れ
⑤足場組前のまわりの環境の事前調査
足場をかける際、資材の搬入があります。資材を搬入する時大きいトラックで搬入を行うため、トラックが通れるのか、資材を搬入するスペースが確保できるのかを事前に調査しています。
施工の流れ
⑥近隣との境目、花壇、物置のついて
近隣との境目や花壇、物置等を確認させていただき、施工中にご迷惑をおかけしないように努めています。大切にされている花や置物を守るために行っています。
施工の流れ
⑦足場組(作業)
塗装工事着工日に行う作業が足場工事です。カンカンカンと音がなっているのを聞いた事があるかたも多いと思います。的確な工事の基本となるのが足場です。どんなに腕の良い職人であっても、作業する足元が不安定な状態では腕の良さを発揮できません。安全・確実に作業を行うために、足場を組む作業にはとても神経を使っています。しっかりとした足場を組むことで、仕上がりもよくなります。
施工の流れ
⑧高圧洗浄
今まで蓄積されてきた汚れ、コケ、カビ、劣化した塗料の粉をきれいに落とすために、まずは屋根や外壁を高圧洗浄しています。しおけんでは洗浄作業を新人に任せることはありません。なぜなら、高圧洗浄を行っているあいだに、実際にどこが痛んでいるかを自分の目で確かめることができるからです。これが大事なんです。一見たいしたことないと思われそうな作業にも、あなたの家を少しでも美しく仕上げたいという思いが込められているんですよ。
施工の流れ
⑨下地調査
塗装工事の中で下地調査・下地補修はとても大事な作業です。高級で高耐久性の優良塗料を塗装しても、下地が悪かったら塗料の性能が発揮できません。仕上がりも悪くなってしまいます。熟練の職人がチェックして、専用の補修をすることで長期間美観を維持できるのです。
施工の流れ
⑩コーキング
コーキングには止水と振動の吸収の目的があります。新築の時は柔らかかったコーキングも年月と共に劣化し、硬化・破断等の症状が出てきます。硬化・破断してしまうと止水や振動の吸収が出来なくなってしまいます。雨漏れやボードのひび割れの原因にもなります。縦目地コーキングは全て撤去し、新しいコーキングを打っていきます。塗装工事をされる場合はコーキングの上に塗料が密着しますので、新築時はむき出しだったコーキングも塗装後は塗料の下になります。すると、直射日光や雨風が当たらなくなるので、新築時より長持ちさせることができます。
施工の流れ
⑪養生
養生(ようじょう)とは、サッシ窓や床など塗料を塗る必要のない部分をビニールで覆うことをいいます。 たとえ塗料がたれても、汚れないようにするために行うものですが、実はもっと奥の深い作業なのです。
塗替えをしてキレイになったはずなのに、なぜか雑に見える。塗装をするところ、しないところの『境界線』をキレイに出すことが、仕上がりを美しく見せるコツなのです。ちょっとした違いが、結果的に大きな印象の違いへと変わるのです。
施工の流れ
⑫下塗り
下塗り材は下地によって塗料を使い分けを行います。浸透型塗料・浸透造膜型塗料・ゴム質再生塗料の3種類があります。浸透型塗料は、下地に塗料が浸透して中から固めて中塗り・仕上げ塗りの塗料の密着性をあげる下塗り材です。浸透造膜型塗料は、下地に浸透し固めながら表面に膜を付けていきます。コーキングとの密着性が高く下塗り材事態に耐久性がある高級下塗り材です。ゴム質再生塗料は、細かいひび割れなどを埋める事ができる膜厚塗料です。モルタル外壁やリシン壁などに多く使われています。下地やご予算に合わせて下塗り塗料を提案させていただいています。
施工の流れ
⑬中塗り
中塗りと仕上げ塗りは同じ塗料を塗っていきます。その際同じ色で塗ってしまうと塗り残しが出てしまいます。しおけんでは、塗料の色は少し変えることで隅々まで3回塗りできる工法を取っています。
施工の流れ
⑭上塗り
最後の仕上げですので、見た目もハケ目ローラー仕上げ目に最善の注意を払います。新築のようになったと喜んでくださいますお言葉が、職人達にとっては生き甲斐の一つでもあります。
施工の流れ
⑮確認
お施主様と共に、塗装の全行程終了後にきっちりチェックをさせて頂きます。足場に上がれないお施主様には、私たちが責任を持ってチェックさせて頂いております。塗り忘れなどないか、特に入念に検査致します。
施工の流れ
⑯掃除
建物がきれいに完成致しても、塗料の粉や養生のゴミなどがあっては、塗装屋としてゼロ以下です。私たちの仕事はお家を綺麗にすることです。来た時より綺麗にして終わるのが当たり前だと思っています。
施工の流れ
⑰足場ばらし
足場は、組立ての時よりバラシが最も気を使います。一本一本を外して解体していく時、受け身の者が失敗して建物を傷つけたりと大変なご迷惑をおかけすることにもなりかねませんので、足場職人が一番気を使うところです。
施工の流れ
⑱施工後 / 記念撮影!
いかがでしょうか。見違えるほど綺麗になりました!施工前の状態と比べて頂くと完成の喜びが湧いてきますね。何千件と施工してきている私たちですが、完成したお家をみると今でも清々しい気持ちになり、達成感を感じることができます。完成後、最終チェックをお客様とさせていただき、ご請求書と保証書をご提出させていただきます。
施工の流れ
⑲ご入金
ご請求書に記載されている振込先に振り込んでいただくか、現金による集金もさせていただいています。工事終了後からが本当の始まりです。アフターフォローとして、最低1年に1度は訪問させていただいてチェックを致します。しおけんではお客様にご安心いただける塗装工事をお届けいたします。
このように1件1件心を込めて施工いたします。
ページの先頭に戻る